高校入試まで残り1カ月の勉強方法と過ごし方<塾長のぼやき>

いよいよ入試が近づいてきました。残すところ1か月。

この1か月であなたは何ができるでしょうか。

この冬にあなたはどのようにすごすのでしょうか。

私自身、今、塾を経営しています。そこでは様々な生徒にあってきました。

その中で、点数、能力の差はほぼ同じくらいだったにもかかわらず

 

「受験にうまくいった生徒」

「残念ながらそうじゃなかった生徒」

 

にも出会ってきました。なぜこのような問題が起きてしまったのか。

そこでいろいろなデータを集め研究しました。すると

入試直前期の過ごし方にある規則性が見られました。

そこで、本日は入試1カ月前の勉強方法と過ごし方のお話をします。

入試直前期はこちら

<入試直前>受験で不安になっているあなたに贈る塾長のメッセージ

 

<このブログでわかるメリット>

入試1か月前のやるべき勉強方法とやってはいけない勉強方法がわかる

入試1か月前の過ごし方がわかる

 

<このブログのデメリット>

大切な勉強時間がブログに取られてしまうこと

 

高校入試1か月前の過ごし方

入試1か月前の勉強方法

 

<やるべき勉強法:偏差値編>

<進学校に行きたい:偏差値60以上の高校>

過去入試問題、類似問題や模擬試験のやり直しをして、徹底的に弱点分野をつぶすこと必要です。

理想的はわからない問題が一つもない状況にすることが望ましいです。

特に偏差値60を超える高校はとても難しい受験になります。

どの教科に対しても1つでも苦手があった場合はそれだけで合否が分かれてしまいます。

特にこのレベルの学校に進学を希望する生徒に多いのが「ある特定の分野に苦手」があるということです

例えば数学は全体的にはできるが「関数の問題だけ苦手」

社会は「歴史だけ苦手」とか。特定の分野が苦手って感じです。

この冬の間にその苦手を徹底的になくす勉強をすることがいいと思います。そして、得意分野になるまでやりまくる。

これが徹底できない人が非常に多い。ちなみにこの苦手分野克服が合否の分かれ目になります。

「苦手だから、嫌だから・・・。」そんな甘い声が聞こえてきそうですが・・・。

厳しい言い方になりますが、そのような甘い考えでは進学校には合格はできません。というか無理です。即刻進路を変えたほうがいいと思います。

合格したいと思っているのはあなただけではない。ということを考えるようにしてください。

<まとめ>:苦手分野が得意になるまでやる・・・それが嫌なら進路変更すべし!

<地元の普通高校:偏差値50前後の高校>

偏差値50前後の戦い方はいたってシンプルです。

「3教科得意なやつだけで合格ゲット方式」が理想的ですね。

苦手教科を無理にやらない戦い方です。偏差値50前後の高校の合格点数はおそらく300点前後くらいだと思います。ということは・・・1教科60点で合格できる計算になります。

これを教科ごとに打ち分けてみると:文系が得意な生徒の事例

国語70点

英語75点

社会75点

数学40点

理科40点

計300点

はい、合格って感じです。

つまり、偏差値50前後の高校を進学したい人の勉強の仕方は、得意教科3つ徹底的に伸ばすこと

長所を伸ばし短所を補うこと。これが合格の秘訣。

苦手な教科はいくら勉強してもあまり上がりません。なぜか

「苦手だからです」苦手な教科を勉強しているとストレスがかかります。

ストレスがかかると思うように勉強が進まなくなります。

いわゆる負の連鎖が始まります。

先ほどもお話したように、苦手教科があっても合格はできます。

今あなたが考えなければいけない事は

「苦手教科の克服」ではなく「高校に合格すること」なのです。

ここをはき違えている人が多いので、「苦手分野を勉強しよう」なんて言われたらシカトしましょう。

<地元の普通高校:偏差値40前後の高校>

偏差値40前後の高校の勉強方法は国社2教科集中型方式です。

特におすすめ教科は国語と社会の二本立て

出来れば英語と数学は0点の可能性がない限りシカトしましょう。

おそらくいくら勉強しても直前の1カ月で成績を上げるのは難しい。

というか英語、数学はやめたほうがいいです。厳しい言い方をすると・・・無理です。

残念ながら合格するため残り1か月では必要のない教科です。

おそらく合格基準点数は高く見積もっても200点です。

この点数を超えればいいのです。

国語 60点

社会 60点

英語 25点

数学 25点

理科 25点

計 195点

これで合格です。

つまり40前後の高校に受かりたければ2教科集中型で合格する。これが一番の近道。

ちなみに入試1カ月まえで未だに「英語、数学」はやらないのか、と発言を言ってくる人は多いですが。

相手にしている時間が無駄なので・・シカトしましょう。



<やってはいけない勉強法>

無意味にノートまとめ

特に女子に多い傾向があります。丁寧に書くことはいいことです。しかし、入試まで1カ月しかありません。

もしノートまとめをしたければ、自分が何度やっても間違えるところだけで十分。

あとはカラフルに書いたり、きれいなノートづくりはとても面白くハマります。危険なのですぐにやめるべきです。

 

解ける問題のみを解いて自己満足は×

簡単な計算問題ばかりといて、喜んでいても意味がありません。

自分はどこが苦手なのか把握することが大切です。

 

新しい参考書を買って満足

この時期はなぜか本屋で参考書を買いたがる人が多いです。おそらく心理状況として参考書を買えば安心なのでしょう。

1カ月前です。新しいことに挑戦したい気持ちはわかりますが、やらないままになる恐れがあります

それでもどうしても参考書を買いたい人はこちらをご覧ください。

参考書を選ぶ時どこで?何を買えばいいの?<塾長のぼやき>

【進研ゼミ中学講座】

入試1か月前の過ごし方

わからない問題があって不安・・・解けない問題が出てくるのは当たり前。

スマホがやめられません・・・スマホをいまだにいじっている奴は論外。別の高校に行ってください。

親と先生が圧力をかけてくる・・・親と教師のプレッシャーはシカト。相手にしている時間が無駄。

まだまだ伸びますか・・・当然伸びる!!だって君はまだ5教科で500点取っていないではないか。

睡眠時間を削った方がいいですか・・・脳が正常に働かないので寝たほうがいい。睡眠時間より、テレビ、ネット、スマホ、無駄な友達との会話を削るべき。だって1か月前だから。

合格

やったぜ

高校入試1カ月前の受験生にメッセージ

 

入試が近づいてきて合格できるか不安でしょう。

もっと勉強していればよかったと思っているでしょう。

将来に対する不安や過去に対する後悔を考えても人間は何もできません。

大切なことは「今現在あなたが何をするかということ」

今現在という時間としっかりと向き合い合格を勝ち取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です