高校入試の英語「間に合わない?」裏技で攻略!!

この記事は約5分で読めます。
塾生
塾生

入試が近づいてきました。でも、英語ができません。今から間に合うでしょうか?

学習塾芸人
学習塾芸人

あら〜それは大変だね。英語は時間がかかる教科だからね〜

塾生
塾生

やっぱり入試まで間に合いませんか?厳しいでしょうか?

学習塾芸人
学習塾芸人

相当お困りのようだね。ではでは、今回は「入試まで間に合わせる方法と裏技」をご紹介しよう。

ありがとうございます。ぴえん。

こんな人向けに記事を書きました。

 

今回の記事では

  • 高校入試に英語を間に合わせる勉強方法
  • 間に合わせるためにやるべきではないこと
  • 間に合わせるためにやるべきこと
  • 最後に高校入試の裏技

 

高校入試まで英語が「間に合わない?」

高校入試が近づいてきました。でも、英語だけはどうしようもならない。ヘルプミー。。。

こんな時はどのような勉強方法を実践すればいいのでしょうか?

まず抑えなければいけないことは高校入試の英語は長文がメインになるということ。

塾芸人
学習塾芸人

つまり、長文を解くことができればいいんだよ。

<長文のおすすめ参考書はこちら↓>

「高校入試」英語長文の参考書はどうすればいいの?
英語長文を苦手にする受験生は多い? 生徒 ようやく勉強する気になってきました。。。でも英語のRead more...

 

さ〜ここで注意しなければいけないことが出てきます。長文を読むためには何が必要になってくるでしょうか?

そんなのは楽勝ですよ。文法をしっかり覚えること。

あとは単語を何度も書いて暗記することですね。

学習塾芸人
学習塾芸人

お〜い〜ね〜知っているね〜。でも、残りの入試まで時間がないんだよ。。

残された時間はそんなにない時に「文法やったり」「単語書いて覚えたり」することはとても危険なんだ。

 

残された時間がない。いかに効率的に勉強できるか?

確かに、「文法問題をやること」「単語を何度も書いて覚えること」はとても大切なことだと思います。

でもですよ、やはりここで考えなければいけないことは「入試までなんとか間に合わせなければいけないこと」

つまり、「入試までもう時間がない」ってことなんです。

<入試まで「間に合わせるため」にやってはいけないこと>

  • 単語を書いて覚えること
  • 文法問題をやること

この2つはやってはいけませんね。

まずは「単語を書いてはいけない」理由から。

え〜でも、単語って書いて覚えた方が頭に入るじゃないですか?ダメなんですか?

学習塾芸人
学習塾芸人

だめだね。これをやってしまっては入試まで「間に合わない」と思うよ。

もしかして、入試までの時間を考えると「書いて覚えること」は時間がかかるということですか??

学習塾芸人
学習塾芸人

さすが受験生!大正解。

<入試まで「間に合わせるため」にやるべきこと>

英単語を書いて覚えることを否定しているわけではありません。あくまでも、「入試に間に合わせる」ために何が必要かを考えなければいけません。

不思議と書いて覚えていたのではとても時間がかかってしまいます。圧倒的に時間効率が悪い。

学習塾芸人
学習塾芸人

入試に必要なことは「単語の意味を覚えること」これが超〜〜大切

英単語のスペルを覚えるのではありません。単語の意味をしっかり覚えることがとても大切です。

意味を覚えることで初めて長文にチャレンジすることができます。

つまり長文を読むために単語の意味をひたすら覚えることが大切になります。

 

<単語の具体的な勉強方法やおすすめ参考書は↓>

高校受験でおすすめ「英語単語の参考書」はどれがいいの?
さ〜英語の受験勉強をしようと思っているあなた。。。ここで大きな問題が立ちはだかります。英語はまずは単語を覚えなければいけRead more...

 

 

それでも、時間がないどうしよう。。。って人は

学習塾芸人
学習塾芸人

過去問に出されていた英単語を暗記すること。

過去問題に出題されていた英単語の意味を覚えることをおすすめします。入試問題では同じ単語がよく繰り返されます。

ぜひ時間がない人はこの方法を試してください。

 

英単語を書いて覚える必要はありません。単語で必要なことは「意味だけをひたすら覚えること」。もし、単語帳の単語を覚える余裕もない状況の人は、「過去問の長文を見て、出題されていた単語だけを覚える」

高校入試の英語で合格を勝ち取るために

文法問題は解けなくてOK。文法の勉強もやらなくてOK。ひたすら単語の意味を覚えて長文を解きまくることがおすすめです。

 

生徒
生徒

本当にそれで大丈夫なんですか?

学習塾芸人
学習塾芸人

もう一度伝えよう。君にはのこされた時間がないんだ。

そうなんです。全てに手を出したい気持ちはわかります。でも、時間がないんです。全てに手を出してしまうと時間が足りません。

そのため何かを捨てなければいけません。

本来ならば文法も、単語も、全て基礎からやるべきなんです。でも、それをやってしまっては入試まで「間に合わない」。

入試はいつまでも君を守ってくれない。

決められた時間、決められた場所で受験しなければいけません。合格するために何が必要で何が必要ではないのかをもう一度考えることが大切です。

さ〜ここら辺で気合を入れ直し、勉強して合格を勝ち取ってください。

 

 

 

PAGE TOP