高校受験で不合格になる人はどのような理由?どのような人?

この記事は約6分で読めます。

高校受験で不合格になる人はどのような人?理由はあるの?

「不合格」この言葉はなぜか辛いですよね。

現実問題、私は様々な試験で不合格を経験した人間です。。大学受験。。。教員採用試験。。。見事に不合格。。。あの番号がなかった感じ、、、とても辛い。。。

その経験を生かし塾を経営し、日々受験という魔物と格闘中。。

つい先日、高校受験に関してある保護者からこの様な質問を受けました。

先生、うちの子ども勉強しないんですけど。。。入試は本番の点数が取れていれば合格できるんですか??なんか入試のことよく分からなくて。。。
確かに入試ってよく分からないことは多いですよね。。。実は入試で大切なことは「入試本番の点数だけで合否を決めているわけでは無いことなんですよ。通信簿の成績(内申点)もとても大切な要素になってきますよ」

 

 

初めまして学習塾芸人の塾長です(Twitter)受験情報を中心に呟いています。よかったらフォローお願いします(^^)

 

どうしても受験と聞くと「入試本番の点数」に目がいってしまいます。。。しかしながら高校入試では「入試本番の点数」と同じくらい「3年間通信簿の成績(内申点)」が大切になってきます。

ここのところを「意識して生活している生徒」と「そうではない生徒」ではものすごい差が生まれてくるので、ちゃんと3年間を計画的に生活を送らなければいけません。

「中学3年生になったから受験勉強をすればいい」という考え方ではかなり危険になりますよ〜〜。それはなぜか。。。

中学1年生、2年生の時の内申点はもう取り返せないからです。

つまり高校受験で合格するためには「入試本番の点数」だけではなく「内申点」も必要ということをお忘れなく〜

本日はどのような生徒が不合格になってしまったのか。具体例をで勉強しましょう。

 

高校受験で不合格?どのような生徒?(進学校編)

(進学校の基準は偏差値60以上の高校とします)

登場人物は野球部のA君。中学1、2年で部活中心。「中3になったら勉強すれば間に合うだろう」そんな生活だったため、1、2年生の内申点が低い状況になっていました。内申点の大切さに全く気づかず1、2年生を過ごしてしまいました。

約束通り部活引退後は必死になって勉強します。もともと頭の回転が早いA君は模擬試験の合格判定もめきめき上昇します。「これは合格できるのでは??」

結果は・・・不合格。。。周囲の期待に応えることはできませんでした😭

では何がダメだったのでしょうか??

 

進学校の辛いところは3年生からの逆転がきつい?

先ほどもお話しした様に、入試では「入試本番の結果と同じように内申点もかなり重要視」されます。

つまり、3年生で必死になり受験勉強しても、逆転はかなり困難になってしまうということです。厳しい言い方をすると、、、進学校を本気で目指したい場合は中学1年生からスタートしなければいけないということです。

先ほどの生徒の模擬試験はA判定でした。しかし、不合格になってしまいました。

そのため、声を大にしてもう一度お伝えします。

進学校を受験する際は、受験勉強を頑張ることは当然ですが、1、2年生、3年生の内申点を必ず確認することをお勧めします」

このときにあまりに内申点が低かった場合は少しランクを下げて受験することが必要になります。辛いですが、これが現実なんです。。。

生徒が頑張っている姿を見ていると具体的な数字の話はしたくないのが本音ですがしかし、入試はそんなに甘くありません。。。

 

しっかりデータを元に合格できるのか?

チャレンジしてもいいのか?

それともチャレンジすら出来ないところにいるのか?

 

冷静に検討しなければいけません。よくこの様な進学校で不合格になるケースがとても多い生徒の例でした。内申点はやはり大切なんですね。。。

高校受験で不合格になる生徒(倍率が割れている高校編)

「倍率が割れている高校というと簡単に合格できるでしょ〜〜」と誤解が生じるかもしれませんが、、ここで注意しなければいけないことは倍率割れでも不合格になるという現実知っていて欲しいということです。。

楽勝でしょ〜〜

倍率割れてるから楽勝でしょ〜〜

そんな声が聞こえてきます。。。実はこれは大きな間違いです。。。先ほどもお伝えした通り、偏差値が低かろうが高かろうが「倍率が割れていても不合格」になる現実を知ってほしいということです。

まじで、これは恐ろしいことです。。。

 

ではこの様な高校を受験した生徒はなぜ不合格になってしまうのでしょうか。今回は「偏差値が低めの高校で倍率が割れたケース」をもとに勉強してみましょう。

偏差値が低い高校の不合格者は内申点なの?

倍率が割れていてさらに偏差値が低い高校(偏差値40以下)でも不合格者はでます。。

なんか、倍率割れという言葉を聞くと理論上は全員合格になるって感じがするんですけど実は不合格者が出てしまうんです。

では、どの様な人が不合格になってしまうのでしょうか??

答えはとてもシンプルです。。。

おそらく入試の点数も関係があると思いますが、、、

内申点と素行がとても重要視されていると思います。。。

つまり、内申点と素行があまりによろしくなかった場合は公立高校はどの様な高校を受験しても不合格になる可能性が高くなるということです。

ま〜高校からしたら当然ですよね。

ある程度の学力があっても「他の生徒に迷惑をかける様な生徒」は欲しいと思いませんよね。。

いかがだったでしょうか。やはり内申点はかなり重要な要素になります。例え勉強が苦手でも提出物や、学校行事を積極的に行って欲しいと思います。

生活習慣の乱れや学校の行事への積極的な参加を行っている生徒の不合格は聞いたことがありません。

 

それでは皆さんの合格を楽しみに〜しています。

初めまして塾長です(Twitter)受験情報を中心に呟いています。よかったらフォローお願いします。

PAGE TOP