塾選びは大変ですね・・・。ちなみに個別指導の塾って何?

学習塾の数が多すぎて大変。どこを選べばいいの?

どこの塾に入ったらいいのか。。。

世の中塾だらけ。塾ができては潰れまた塾が表れて。。。

いったいどこの塾に入ればいいの。。。

集団授業。。。

個別授業。。。

映像授業。。。

どれが結局いいの。。。

<このブログでわかること>

  • 個別指導の塾とはどのようなところなのか。
  • 個別指導は本当にきめ細かいのか。
  • 大手の個別指導塾は安心という時代ではない。

 

 

個別指導の塾とはどのようなところ?

今回は個別授業を行う塾のお話です。

「個別授業」という塾があるのはご存知でしょうか。

いわゆるマンツーマンレッスン的な感じです。

学校のように大人数で授業をやるような感じではなく、

1対2、1対3のスタイルのことを指します。

先生1人につき2,3人を見るといった感じなのです。

どうやら個別指導に対して、

「学校みたいに大人数ではないので、きめ細かく指導してもらえる」と・・・

といった感じがする塾が個別指導塾です。

もう少し個別指導の塾を詳しく知りたい方は

個別指導とは?指導人数は?授業時間は?

 

個別指導は本当に「きめ細かく面倒を見てくれるの?」

「きめ細かいところまで見てもらえる」という錯覚がよく誤解を生じます。結論からお話します。

学校などの集団授業よりは人数が少ないので、その生徒に合わせた指導を行うことは可能です。

ですが、「きめ細かいところまでみてもらえるか」というと実際は無理です。。。

はっきり言います。無理です。

 

もし仮に「・・・うちらの塾はきめ細かいですよ~」発言をしてきたら、

「どこら辺がどのように細かいのですか」と聞くことをお勧めします。

つまり、「きめ細かい」という言葉を信じてはいけないということです。

 

では、なぜ「きめ細かい」のがだめなのか・・・

「きめ細かい」とはそれだけ授業を進めるスピードが遅くなってしまうことを意味するからです。

 

うちの塾はきめ細かいでっせ~
いんちき塾講師
いんちき塾講師
きめ細かいなら
いいかな~~~
中3の保護者
中3の保護者

 

ここで1つのたとえ話をします。例えば、その生徒は中学3年生です。数学が苦手なので数学だけを塾に習いに行くことになりました。

そうすると仮に、塾のスケジュールはこのようになったとします。

月曜日の19時~20時の60分授業。

その1時間の授業で10問問題を解くことができました。

次の日学校に行きます。学校では週3回数学の授業がります。

学校の週1回の授業の中で5問解いたとします。(5×3日)

すると1週間で学校では15題解いたことになります。

また塾に行って10問問題を解く・・・。このやり方だと、シンプルに学校のほうが先に進んでしまいます

これだと、塾の授業のスピードが遅すぎです。

せっかく塾に通っているのに学校の授業についていけない・・・。

「きめ細かい」をアピールする個別指導塾は危険?

「お母さん安心して下さい。うちらの塾はきめ細かいのがモットーなんですよ、なのでゆっくり焦らず1つ1つやっていきましょう。マイペースが1番です」

このセリフはもう1度伝えます・・・危険ですよ。はっきり言って。

塾側がマイペースではやばい。

ゆっくりあせらずやっていたら間に合わない・・・。

 

子供の進度に合わせて指導できない塾。

いわゆる逆算のできない塾。

逆算できない塾講師。。。

まじでこれはやばいっす。。。子供が可哀そうです。。。

個別指導の塾で理想的な形は塾のペースに合わせるのではなく子供のペースで指導してくれる塾に入ることです。

入会の時点で「はっきりどこが苦手で、どこが得意かを伝えること」がとても大切です。

合格

やったぜ

実はここだけの話なんですがここら辺をあいまいにしている保護者はとても多いです。

入会時保護者はよくこのようなことを言います。「・・・成績のことはなんかよくわかりません、子供に任せているので・・・」

これでは変な塾にダマされてしまいます

マジでこれはだめパターンです・・・。

お金取られまくってあとから文句を言うパターンです・・・。

 

ちゃんと塾に「うちの子供はここらへんがわからない。わかるところは大丈夫だから先に進んでほしい」とはっきり伝えなければいけません。

 

大手の個別指導塾に通っているから安心?

ちなみにうちの子供は大手の塾にかよっているから安心。。

と思わない方がいい。。と思います。

むしろ大手だからこそ手抜き講師がバリバリいますよ。。。

いわゆるやる気なし講師ですね。ま~やる気なくても給料もらえますからね。。。

大手だからつぶれる心配はないので。。。

テキトーに授業して、テキトーな感じでお話して、「はい、今日の授業は終わり。。。」そして、高額な授業料金をしっかり支払う羽目になってしまいます。。。

あなたが究極のお金持ちで、

「別にそんな授業料のような、はした金は余裕で大丈夫。1万円って風邪ひいたとき鼻をかむあの紙切れのことでしょ」

って方ならいいのですが・・・。

もし仮に私ならこのような講師は絶対に勘弁です・・・。

ちゃんと塾講師を見極めるべきです。

塾講師の見極め方はこちらにまとめました。

親や生徒から信頼される塾講師の3つの法則<塾長のぼやき>

 

 

個別指導に対する塾長の考え

いかがだったでしょうか。

「きめ細かい」という言葉に躍らせれることなく、ちゃんと塾選びをしてください。

大手だから安心。。。マジでこのような考え方はやめるべきです。



子供は本格的に塾選びをすることはできません。

友達が塾に通っているからここにいこう。

家の近くだからここに通おう。

塾に入るには様々な考え方が存在します。。。

 

正確な情報と正確な判断が自分の子供を助けます・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です