個別指導の指導人数は?授業時間は?<塾長のぼやき>

いよいよ冬のにおいが感じられてきた今日この頃。。。みなさんはいかがお過ごしでしょうか??塾業界では冬期講習で生徒数をふやすために、毎日のように新聞折込チラシ、テレビCM、ネット上で大騒ぎです。。

ま~塾はこの時期、新規顧客獲得のため、めちゃめちゃ必死になっていますよ~。

このような時、「この塾は家から近いからここにしよう」「ここの塾は友達がいるから」的な安易な考えで塾を選んでしまうと後で大変なことになってしまいますよ~。

そこで本日の塾選びおすすめのポイントは個別指導の「授業中の指導人数と授業時間のお話」をしたいと思います。

 

個別指導の授業中の指導人数と授業時間

 

個別指導の相関関係図(1教科あたりの目安の金額)
1対1 1対2 1対3
60分 20,000 10,000 8,000
80分 25,000 15,000 13,000
90分 28,000 18,000 16,000

個別指導の指導人数はいったい何人に指導するの?

 

個別指導塾では大半は1対1、1対2、1対3が基本的なスタイルになってきました。ま~いわゆるマンツーマンレッスンといわれる授業ですね。

上記の個別授業相関表は一つの目安の金額と考えてもらえれば助かります。

1対1で90分授業は1対3の60分授業との差がかなり大きいですね。

どの計形式がいいのかは生徒のパターンで塾選びをすることが大切になります。

 

どのようなパターンの生徒はどのような塾に通えば確認したい方はこちら。

中高生のおすすめ塾を生徒のパターンで選んでみた

中学生、高校生のおすすめ塾を生徒のパターンで選んでみた②

 

個別指導の指導時間は?

指導時間は一般的に60分〜90分授業が中心になってきています。

 

 

個別指導ではどのようなスタイルが一番いいの?

結論からお話しすると60分授業のほうがいい

 

ここで少し簡単な塾の時間に関するクイズを出したいと思います。あなたはどちらの塾がいいでしょうか。(1分で答えてください)

 

  • 60分授業で1対2の授業スタイルで、子供が教わる時間は30分(料金月額:1万円くらい)
  • 90分授業で1対3の授業スタイルで、子供が教わる時間は30分(料金月額:1万6千円くらい)

☆上記の図を参照

 

「別に60分も90分も子供が教わる時間は変わらないではないか・・・」と思いましたか。そうなんです数字だけを見ると同じような感じに見れます。これがあなたが落とし穴に落ちてしまうポイントなのです・・・。

どっちがいいかは好みによりますがやはり60分授業のほうがいい。特に低学年になればなるほどその方がいい。

答えは簡単です。子供の集中力は長く続かないからです。ま~子供だけではないですよね。大人だって90分会議と60分会議どっちがいいですか?中身のある会議なら90分でもいいんですが、、、。

さらに付け加えるのならば、学校の授業を考えてみてください。学校は何分授業ですか。45分。50分。ほとんどの学校がこの形になっています。最近大学でも90分授業から60分に切り替える大学も出てきたほどです。

でも塾ではどうして90分になっているのでしょうか。。。これっておかしいですよね。。。なんでこんなことになってしまうのか??


その答えも簡単です・・・。子供の数が減ってきて、生徒数を集めるのがきついから、生徒一人からの単価を上げる。

塾はやはりビジネスと考えること

塾はあの手この手を使い利益を上げようとしてきます。

「生徒を手厚く見ますよ~だから時間は長いですよ~。。。」と表向きでは保護者に話す。

裏ではいかにして生徒1人からお金をゲットするかを考えているんです。ま~ビジネスですから当然ですね。これが嫌なら塾に行かないのも選択肢の1つですよ。

塾は子供のためでもあるかもしれませんが、ビジネスのためなので利益率を優先しているのがあたりまえ。この認識を保護者にちゃんと持ってほしいです。。。

 

そういえば、私の知り合いの田舎にある大手塾の塾長がこのようなことを言っていました。

特に田舎の地域に根差した大手塾は強烈ですね。お金をむしり取ってしまうそうです。

当然ですね。。ビジネスだから。

次々に保護者に対し「あなたの子供は今の成績では厳しいです。この科目。この科目も受講してください。あと、このオプション講座もいいですね」と1人当たり10万円以上請求するとのこと。恐ろしっすこれは。。。

さらに、よく塾ではこれから始まる冬期講習のノルマが各社員に課せられるとのこと。これもちゃんと知っていなければいけません。社員1人ノルマ100万なんてのは当たり前。これが達成できなければ冬のボーナスで査定される。社員は生活がかかっているから必死です!

この時期にバリバリ金額をふっかけてきたら「この塾は本当に大丈夫か?」と疑問に思った方がいい。



やはり、情報は正確に、ちゃんと「信じること」と「信じないこと」を考えることが大切。。。

 

まとめ

1対2、60分授業が理想的

塾はビジネスをやっていることを忘れない

 

<一緒に読んでほしい記事>

塾の無料体験授業で注意しなければいけないこと<塾長のぼやき>

受験生必読!スマホ依存症はやはり怖かった<塾長のぼやき>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です