塾の先生に質問したい。注意するポイントはあるの?

この記事は約7分で読めます。

塾の先生に質問したいです。でもどのタイミングで質問すればいいんですか?

うわ〜わかる。塾の先生っていつも忙しそうだよね。

塾芸人
塾芸人

せっかく塾に通っているんだから、いろいろ質問したいよね。

保護者からもお願いです。どのタイミングだと面談や電話対応してもらえますか?

塾芸人
塾芸人

確かにタイミングは難しいですよね。

そこで今回は

  • 塾の先生に質問するタイミング
  • 注意するポイント

ここら辺のお話をしたいと思います。それでは張り切っていきましょう〜

広告

塾の先生に質問<授業編>

塾の先生はかなりタイトなスケジュール

塾芸人
塾芸人

わからない問題があったとき、できれば、すぐにその問題を解決したいですよね。

そうですね。すぐにその問題が解決できれば、また別の問題を解くことができます。でも塾の先生が忙しそうで。。

わからない問題に対応してあげたいと思っている塾の先生は多いと思います。しかしながら、その場ですぐに対応できるほど塾の先生も暇ではないんです。

塾の先生はかなりタイトなスケジュールで授業を行っています。

保護者面談、教室内掲示物、教材研究、報告書、生徒管理、無駄なミーティングなどなど。やらねばならないことが割と多いんです。。。

塾芸人
塾芸人

さらに休み時間がない塾の先生もいます。

塾講師あるあるなんですが、ご飯をゆっくり食べる暇がない。もしお腹が空いたら、チョコレートを食べて仕事したり、パンを一口だけ口にして仕事スタートしたり。。。

おそらくこれを読んでいる塾の先生は「確かにね〜」っと納得してくれると思います。

え〜そんなに忙しいんですか。じゃ〜質問しないほうがいいんですか?

塾芸人
塾芸人

いやそうじゃないんだ。次のことを注意してもらえると塾の先生側として、とても助かるよ。

え〜どんなことに注意すればいいんですか?

塾の先生と事前に「約束をする」

塾芸人
塾芸人

まず1つ目は塾の先生に「質問できる時間を聞きく」こと。つまり「約束をする」ことだよ。

へーそんなことでいいんですか。。

塾芸人
塾芸人

実はこれができていない生徒がとても多いんだ。すぐに聞きに行けば、先生は答えてくれると勘違いしている生徒がとても多いんだよ。

確かに、今思えば、わからない問題あれば先生のところに持っていけば大丈夫って思っていました。でもあまりちゃんと対応してもらえませんでした。

塾芸人
塾芸人

そうだよね。塾の先生も忙しいんだよ。だからこそ、先生と約束をして質問をした方が効率がとても良くなるんだ。

なるほど。確かに今考えると「約束をする」というのは当然のことですね。今思えば、そういうことが、できてなかった自分が悲しいです。

直接先生に質問したいのにもかかわらず、その先生があまりにも忙しすぎて質問ができない場合があります。

この場合は塾の先生に「いつの時間が空いているのか」を確認したほうがいいと思います。

もちろん社会生活でも同じことが言えますね。約束をしないで急に行ったら「ええっ??」思われますよね。

このように先生との「約束をして」その時間に質問することがお勧めです。

約束してから注意することは?

しかしながらここで注意しなければいけないことがあります。

塾芸人
塾芸人

授業中に先生と約束をした場合、残念ながらその先生はその約束を忘れてしまう場合があるということです。

約束をしたのにその約束を忘れられてしまうととても嫌な気持ちになります。

でもこれはよく起きてしまうことなんです。その理由はこのような感じです。

生徒は先生約束をする→先生は今行っている授業に全力で集中しています→このため途中で約束をしたとしても→集中するのはその約束ではなく→今自分が行っている授業です。

そのため残念なことにその約束を忘れてしまう時があります。

塾芸人
塾芸人

、、、なので、約束を忘れてしまってもその先生に悪気はないと言うことを覚えていて下さいね。

約束を破られるのは嫌な気持ちになりますが、先生も忙しいので仕方ないですね。

塾芸人
塾芸人

ちなみに、私はよくこれをやってしまいます。なので多めに見てあげてください(´∀`*)

塾の先生の得意教科と苦手教科を把握する

塾芸人
塾芸人

塾の先生にも得意科目と苦手科目と言うものが存在します。生徒のイメージは塾の先生がすべての教科、科目をできると思っています。

へぇー、塾の先生ってどの教科でもできると思っていました。やっぱり得意科目と不得意科目って言うものが存在するんですね。

確かに、ある程度の教科を指導をすることはできます。しかしながら、やはりその中でも得意科目と苦手科目が存在すると言う事を覚えておいてほうがいいと思います。

その理由はとてもシンプルです。

得意教科であればその場ですぐに対応してくれやすいと言うことです。当然苦手教科であればその逆になります。

塾芸人
塾芸人

先生の得意教科、不得意教科を見極める事はとても大切なことですよ〜

広告

塾の先生に質問<進路編>

塾は合格の可能性を探すとこ

進路に関してよく生徒は「決まっていません。どうすればいいですか。」という生徒がいます。

塾芸人
塾芸人

ここで厳しいことを言います。塾の先生ができることは模擬試験や成績を見て合格できるかを伝えることです。

ここら辺を勘違いしてしまう人は多いです。

もちろん生徒から将来の夢や進路を聞き出し、その進路に沿った進路指導をします。

しかしながら、塾の仕事は進路指導する場所というよりも合格の可能性を明確に伝える場所だと私は思います。

もし進路で悩んでいる方はこちらを確認してください。

<中学生・高校生必見>やりたいことが見つからない。進路はどうする?
やりたいことが見つからない。どうすれば。。。 塾生 早く進路を決めろ。夢を見つけろ。と親や学Read more...

勉強方法を塾の先生に質問する

成績を上げるためには「勉強方法」を身につける必要があります。合格をするために最短ルートを塾で探すべきです。

もし仮にあなたの成績が上がらない場合にも質問をするべきです。

塾芸人
塾芸人

自分が正しいと思っているやり方で成績が上がらなければそれは間違った勉強方法です。

その間違った勉強方法を正すためにあなたは塾に通っています。塾は病院と似ているところがあります。

「勉強ができない。嫌い。」を治すところだと私は思います。

この「勉強できない。嫌い」を治すために、さまざまな手を使います。そして、生徒を健康な状態に復活させます。

塾の先生に質問<保護者編>

塾に任せきりはだめ

よく保護者の中に塾に預ければ安心と勘違いしてしまう人がいます。

塾芸人
塾芸人

残念ながら、塾に預ければ安心と言う考えは今すぐ捨てたほうがいいと思います。

では塾ではどのようなことを聞けばいいのでしょうか。チェックポイントは以下です。

  • 担任の先生との相性はどうなのか。
  • 塾の授業にしっかりつきついていけているのか。
  • 塾の授業中の態度や宿題などはしっかり行っているのかどうか。

ここら辺の確認を徹底的に行わなければいけません。。

そのため塾に預ければ安心と言うのはまったくの勘違いであると言うことを認識してください。

面談を希望する。

常に何か異変を感じたときはすぐに面談を希望することをおすすめします。この面談の中で塾でどのようなことが今行われているのかをしっかり確認することが必要です。

電話予約を事前に入れる。

塾芸人
塾芸人

予約なしに塾に行く事はお勧めしません。

これはどのような業種でも同じことが言えますね。急に塾に行ったとしても対応はできません。

そのようなことが起きないために、事前に電話予約やメール等で予約入れることをお勧めします

塾芸人
塾芸人

この事前のアポの時に具体的にどのようなことを質問したいのかということを明確にしていくこともお勧めです。

このようなことをすることにより塾側も事前に準備ができ有意義な面談の時間を過ごすことができます。