中学生の英会話教室に通うメリット、デメリットを考える

中学生が英会話教室に通うこと

最近英会話ブーム、さらには大学入学共通テストでは英語資格の必要性が問われる時代になってきました。

なんとも大変な時代になりました。いわゆる国際化というやつですね。

観光地に行ったら外国人がめちゃめちゃいますね。京都はもはや外国か?といったレベル。。。

塾講師として英会話の必要性を感じていますが、実際どうなのだろうかと思い、

大手の英会話教室に入会しました。もちろん、塾講師の情報は伝えていません。

単なるおっさんが来たと英会話教室の先生方は思ったでしょう。

そんな私の経験を含め、英会話教室の必要性があるのか考えてみたいと思います。

安河内哲也先生を始めとした実績のある実力派講師陣が監修&コーチ!
 

英会話ができるようになるために英会話教室に通った方がいいの?

世の中には英会話に関する教材がかなり売られていますよね・・・。

携帯アプリで英会話を勉強した方がいいのか。

英会話教室に通った方がいいのか。

さまざまな疑問がわいてきます。

英会話教室に1年通った私の経験からお話しすると・・・

結論・・・英会話に対する慣れは生まれますが、英会話ができるようになる確率が低い。

ここで問題が・・・「お前の学力が低すぎたからでは・・・」

そこで少し、私の英語力をお話しすると

塾を経営し英語を専門とし、高校生を中心に指導してきました。

教え子には早稲田や明治などの難関大学に合格している生徒がいます。

ってレベルなので、英検準1級レベルくらいでしょうか。

その私は・・・残念ながらほとんど身につきませんでした。

ぺらぺらには当然程遠い・・・。

もちろんデメリットだけではなく、メリットもあったのでそちらのご紹介をしたいと思います。

英会話教室のメリット

英語が楽しくなり、苦手意識は減る

やはり、英会話教室に通う最大のメリットは英語に対する苦手意識が減ることだと思います。

初め外国人に話しかけられた時、心臓がバクバクしたのを覚えています。

日本人特有の気質なのでしょうか。。。外国語で話しかけられると・・・焦りますよね・・・。

大人になればなるほど、その傾向は強く感じます。。。

もし英会話を本格的に始めたい場合は早い年齢の段階から通わせることがいいと思います。

特に学年が小さければ小さいほど耳に対する慣れ、外国人に対する抵抗が少なくなるからです。

 

英会話教室は英会話のアウトプットをする場

英会話教室はアウトプットする場所としてとても最適な環境になります。

洗練された講師が基本的には対応してくれます。

学校や自分で英会話のフレーズを勉強してインプット(暗記)。その表現を使いアウトプット(英会話をはなすこと)することができます。

英会話の基本であるインプット→アウトプットのサイクルができることはとてもいいことです。

英会話教室のデメリット

インプットの場としては不向き

残念ながらインプット(会話表現などの知識を頭に入れること)の場所として向きません。

もちろん授業のなかで様々な表現を勉強します。それをしっかり覚えればかなり力はつきますが、

英会話教室の講師から勉強方法や英会話のコツなどを教わることはありませんでした。

私は塾の仕事の関係上で何かを覚えるノウハウは持っていますが、

初学者である中学生が英会話を始めても定着しない可能性が高いです。

 

日常会話という不明確な目標

 

勉強に対する明確な目標設定がない。「日常会話ができるようになる」

この言葉を初めて聞いたときワクワクしました。

そしてとても楽しみでした。ついに英会話ができるようになる・・・。

ところが・・・微妙な英会話教室でした。

ちなみに私が通った英会話教室は全国的に有名なところです。。。

これはこの教室だけの問題なのでしょうか。

それともこの英会話教室のスタイルなのでしょうか。

真相は謎のままですが。。。

 

とりあえず授業内では終始、英語で話しまくるって感じです。

英会話教室は語学を楽しむ娯楽的要素が強いということを頭に入れていなければいけないと思いました。

あくまでも英語に慣れ、楽しむ。。。

「日常英会話を学ぶことができる」ってそもそも微妙

もう少し深堀して、日常英会話ってそもそも微妙です・・・やはり表現があいまいすぎます。

YES、NOと答えただけでも日常英会話といえます。

私は英会話教室に入会時に

「英会話は本当にできるようになりますか?」と2度ほど聞きました。

「もちろんできるようになります。頑張りましょう」

私は目をきらきら輝かせていたことでしょう。

結局1年通い・・・YES,NOから抜け出せませんでした。。。

私は入会する時ちゃんと聞けばよかったと今でも思います。

「英会話はどのようにできるようになるか具体的に教えてほしいと」

おそらく、明確な答えは返ってこなそうですが。。。

 

校内試験、入試対策がとても弱い

英語の成績が上がるかもしれませんが、校内試験や入試に特化した英語の授業は行いません。

例えば、明日英語の校内試験があったとしても、英会話を行うので、校内テストの内容に触れないため、校内試験の得点は伸びません。

英会話教室では英会話教室のカリキュラムとなっています。

つまり、学校の進度に合わせて進むことはありません。

そのため入試が近づくと英会話教室を辞める生徒が非常に多くなります。

ピアノ教室や習字教室とかと似ています。

 

中学校で英会話はどのようなこと勉強しているのか

学校の授業では毎日のように英語の授業があります。

1週間に4,5時間くらい多い学校ではそれ以上・・・めちゃ多いですね。。。

さらに、授業内容は英語だけで先生が授業をしたりしています。

理解できない生徒が多いですが、学校の先生はお構いなし。

英語でバリバリ授業しています。。。

「習うより、慣れよ」の精神ですね。本当に今の子供たちは大変です・・・。

ちなみに、ALTのネイティブの先生は日本語が全くできない人もいます。

べらべら英語ばかり話しかけられたら、なんか嫌ですよね。。。

「もし私たちが同じ状況になったら」と想像するとゾッとします。。。

ある意味このままいくと

「英語が好きな生徒」と「英語が嫌いな生徒」がはっきり分かれそうですね・・・。

英会話教室に通うことの塾長のまとめ

英会話教室に通って英語ができるようになりませんでした。

むしろ、月額2万円前後の授業料金を支払うのなら、半年お金をためて海外旅行をした方がよさそうです。

 

ただ、英会話を楽しみましょうって先生が多い。

英語大好きですって先生が多い。

明るくとても好感が持てたのも事実です。

 

それでも英会話を身に着けさせるスキルは疑問・・・。

そこまで英会話教室に通うメリットが見当たりませんでした。

まずは学校の授業をちゃんと受けることが一番かと思います。

それからもしそれだけでは厳しいと感じたなら、

毎日英語アプリを勉強してスピーキング力、リスニング力を高めたほうが

コスパはいいと思います。

それでもだめなら英会話教室を考えたほうがいいと思います。

 

最後にもちろん英会話教室の通うことを全力で否定しているわけではなく、

「合わないと感じたら早めに別の行動に移るべきです」

ちなみに私はスタディサプリEnglishで毎日勉強しています。

月額1000円前後です。

効果は実感済みです。もちろんこちらも合わなければやめますが、現状ではとても満足です



安河内哲也先生を始めとした実績のある実力派講師陣が監修&コーチ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です